反骨精神を源に軽い冗談から重い本音まで・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
一般的に「勇気」と「蛮勇」は似て非なるものとされている。
蛮勇とはプラスイメージのみで出来上がった勇気ではなく、むしろ無謀といった感覚である。
この違いとはなんなのだろうか。

おそらく現実的には後付け的に区分されることになるのだろう。

例えば濁流の中に溺れている子供がいたとして、平均程度の泳力しかない青年が迷わずその中に飛び込むことは勇気と呼べるだろうか。
たぶん子供か青年のどちらか一人でも助かれば勇気ある行動だと褒め称えられるだろう。両方助からなければ、なんでレスキュー隊をまず呼ばなかったんだと蛮勇扱いされ嘲笑されるのではないだろうか。


しかしここで私が大切だと思うのは「迷わずに」という部分である。

濁流を前に迷わず、自分の泳力も考えず、また考えたとしても全く問題はないと一瞬で判断し、失敗に終わったとすればそれは蛮勇だったと言っても差し支えないだろう。

もちろんそういった蛮勇のみが拓き得る未来というものもある。俗な表現で言えば

最初にキノコを食べた奴はエライ

ということである。

しかし蛮勇とはそうそう上手くいくものではないし、一般的に容易に持ち得るものでもない。蛮勇にはそれなりの自信が必要であり、自信を持てるだけの突出した能力が必要だからである。そして蛮勇敗れる時には気づけば取り返しのつかない状態となるのも稀ではないだろう。また、蛮勇を奮う者は往々にして弱者の心を創造すらできないものだ。


ここで先ほどの例に戻ると、濁流を前にすれば義務でもない限り迷うのが普通だろう。迷いにもいろいろあるが、ここでは「恐怖・不安」と同義の迷いである。それらは生物が自分の生存にとって不利益になりそうなものを遠ざけるための本能として持っているものであるが、私はこの勇気と正反対の意味である「恐怖・不安」を少なからず感じてこそ、賞賛されるべき「勇気」を持ちえるのではないかと思う。つまり

ビビることはとても大切だと思うのである。


もちろん恐怖や不安を感じ過ぎて、自分の能力を過小評価してしまったりしては宜しくない。もちろん恐怖や不安への対処としてそこから遠ざかるというのも賢い方法の一つだと思う。しかしビビり過ぎて何も挑戦することができず、平々凡々とした日々を過ごす・・・いや、平穏な日々を過ごすというのもそう簡単なものではない。自分の単調な生活を守るためにも何かしらの恐怖や不安を乗り越える瞬間が必ずあるはずである。それすらもできずに下手に逃げ続けて悲惨な状態に陥ることが幸せだと感じる人がいれば、それはそれでもう何も言うことはない。だが私は恐怖や不安を感じた上でそれを乗り越えることが勇気、強さにつながると感じるのだ。


勇気を持ち前に進むためには恐怖や不安を感じた時、目や心を閉じるのではなくむしろ通常より開かなければならない。自分とその対象をよく観察し推測し、つまり恐怖や不安に対して迷って、決心することが必要なのだ。
ここで重要なのは迷いと決心の順番を変えないことである。

まだ迷っているのに、恐怖や不安に耐え切れず決心をしてはいけない。自分の中で信じれる決断を下せるまでは迷い続けることに耐えなければならないのだ。そして自分の出した決断を信じることである。盲信や狂信は思考を堅くしてしまうが、決心した後で他の条件が出てきたわけでもないのにまだ迷いを持ち続けていることは愚に他ならないと私は思う。そんなものは決心ではなく決断ではない。その上に生まれるものは勇気ではなく蛮勇ですらない単なる「無謀」である。


なにやらスケールのでかいことを言っているようにも聞こえるが、そんなに難しい話ではない。簡単に言えば、何かにビビることは悪いことではなく、ビビるということはそれに対処するきっかけができるということだ。そして苦難を乗り越えてそのビビった事柄に対処することができれば、それは蛮勇以上の自信を持つことができ、生きる楽しみを増やすことができる勇気と強さを持つことにつながるのではないかと思う。
ケンカが恐ければ、体を鍛えたり人と対立しない様に努力する。
騙されることが恐ければ、もっと頭を動かして他人を疑ったり信用できる仲間を多くつくれる様に努力する。
課題がたまるのが恐ければ、早め早めにコツコツこなしていく。
よくビビる人こそが後悔を無くすことが出来るのかもしれない。


数々の死線を潜り抜けている彼の超一流スナイパーもこう言っている。

「私は臆病なだけだ」と。
スポンサーサイト
やはりと言っていいのか、昨日の文章への即コメントは無かった。
まあいきなり一ヶ月後にブログを書いてそれをピンポイントで見てもらうというのが有り得ない話なのだが、実際仕事でもないのに毎日書くということはとても難しい。

もちろん何気ない日記でいいのなら毎日数行でも書けるかもしれないが、今までここでエラそうに散々理屈をこねまわし熱を吹いといて、いきなり「今日は服を買いに・・・」などという文を書くのもナイ話だ。


つい最近読んだ近年の哲学の文章で
「『知』は対象に対しては様々な分野の論理を自由に組み合わせて普遍的な新しい論理を作るものであり、他人に対してはその知がいつか誰かによって崩壊させられ更新させられ新たなる知への土台となる可能性があるということを受け入れて議論の場に曝すものであるという本質を持つ」
といった様なことが書かれていた。
つまり、『知』というものは、何を使ってもいいから皆が納得できる筋の通ったものにしなければならず、さらにそれを表に出していつでも誰でも反論したりできるようでなければならないということ、だと私は理解した。

確かにいくら正しいと思える考えを抱えていたところで、それを他人と議論もせず、改善される余地がそれ以上ない完璧なものと思い込んでいるのでは、それは理論立てられた『知』ではなく単なる『狂信』『盲信』にしかならない。「たぶんそうだ思うけど違うかもしれないし他人に言う自信がない」といったものでは『知』とまでは呼べないというのもうなずける。

私のこのブログも、多分に勝手で自己満足なものではあるけれども、時には自分の知の議論の場となって、あわよくば誰かの意見によって新たな知の創造に至ることができたら本望だ。



しかし、私がそんな文章を書くのにはテンションというものが必要になってくる。

理屈をこねまわしているのは普段からのことなので、ネタを考え出したらキリがないのだが、それを一気に言葉に出して稚拙ながらも文章にまとめ上げるのには、文章を書こうというテンションが必要になるのだ。
テンションに任せて書いていると、後になって説明不足だと思えるところがあったり、初めの予定とは違う方向へ展開してしまったり、「です・ます」調と『だ・である』調が混在してしまったりするのだが、それもまた現在の自分の文章の特徴としてあえてそのままにしておこうと思う。

そのテンションというのが、毎日毎日容易に維持できるものではないので更新がしにくいのだ。特に私は文章を書く時は独りにしてほしい性格なので、内なるテンションはあっても状況が文章を書くのに適さないということもある。

また、実際こんな堅い文章を読む立場になってみれば

かなりめんどくさいだろう。

となればそれが毎日毎日更新されても飽きに繋がることになる。そうなってしまうのは双方にとってよろしくない。
まあこれは後付けの言い訳だが。


そこでとてもいいことを考えた♪

このブログを週刊連載にしよう!

完璧な週間連載ということではなく、一週間に2~3回のときもあるかもしれないし、冨樫義○のように急にその週はなくなるかもしれないが、まあ1週間に1回を目安に書いてみようということだ。

そうすれば私自身テンションをわざと上げたりしなくても自然とモチベーションが上がる瞬間がありその時に書けばいいので、文章を書くことがさらに楽しくなるというものだ。

また見てもらう方々にとっても、いつ再開するともしれないという部分は完全にはぬぐいきれないにしても、そこそこ間があくと予め解っていれば待ってもらえて、内容も暇なときにしっかり読んでもらえて、週1なら濃いコメントも毎回残してもらえるに違いない!
私は昼ドラがかなり好きです。
死ぬほどドロドロした関係がストーリー的に好きだということもありますが、各人の状況を考えて、どう物事を考えたらその事態がいい方向に流れるのかなどを想像してみると、自分の考えがまた新たに改善されていくと思うからです。

例えば今現在は「契約結婚」というのがやっています。
ハマっていて見れるときはいつでも見てます。笑

少しネタバレになりますが、主人公の雛形あき子が友人の子供の世話をしていたらその子供が言うこと聞かず道に飛び出して車に跳ねられて死んでしまいました。
これはかなりキツイですね。7月12日のブログに書きましたが、他人の物を壊しただけで冷や汗出るのに子供ときたらもうどうなるのやら。でもありえないことじゃない。
こういう状況って提示されないと自分で考えることは余りないですよね。昼ドラでは不幸なことが絶え間なく起こるのでいろいろ想像できます。

笑えない危機的状況回避

の練習ができます。


友人の子供が死んだわけですが、主人公は子供を死なせたことと・子供が死んでバグる友人と・ちょっと知り合いだけどほぼ他人である友人の夫への責任などが出てくるわけです。

子供の死への責任はある意味どうしようもない。今後他人の子供の世話はしないようにするぐらいしか建設的な意見はないんじゃないでしょうか。あとはもう金銭面的な償いしか無理でしょう。それを未然に防ぐために、最初から他人の子供は預からないだとかいうのも現実には付き合い悪いってことになるし。子供は勝手に飛び出すし。自分一人じゃなくて最低二人で見とくというのが妥当な線でしょうか。

続いて友人との関係。
これも厳しい。これは友人の方が大人になるしか解決方法がない。子供を預けたのは自分なんだからねえ。とはいえそんな簡単に割り切れたら苦労はないんでしょうが。まあ並みの友人関係なら破綻どころか憎しみとかまでになるんでしょうね。

最後に友人の旦那さん。
これが一番微妙なんではないでしょうか?
どんな場合でもそうですが、ちょっと知ってるけど二人で話すことはない関係の人ってのが一番気まずい!無視したら感じ悪いけど話すことは無いし。
本来はその自分と相手を繋いでいる役の人が空気を読んで早く2人を仲良くさせることが重要なのですが、この場合は友人もバグっているので旦那さんとのやりとりには役に立たないどころか敵になる可能性があります。
7月12日のブログに書いた様に、自分が責められないなら責められないでキツイものがありますし、かといって子供の死をどうしてくれるんだとか責められても実際どうしようもない。

ここで大事なのは7月3日のブロブに書いた

「仕方ない」ということは

「許される」ということではない!


ってことです。まあまさか友人の子供預かって死なせといて開き直る人もいないとは思いますが、こういうときに汚い本性を現す人もいるでしょうし。
勝手に飛び出したのは子供だし、死んだ子供をどうすることもできない。
けどもやっぱり自分が過ちを犯したのは間違いないわけで、その呵責から逃避するために開き直ったりするのは良くないです。卑怯というか器が狭いというか心が弱いというか。そう言うと「自分はどうせそうだから」とか開き直る人がいますが、これは死ぬほどムカツキますね。
開き直りで言ってて本当は思ってないくせに言いやがって、

こっちは心の底から思ってるんだぞ!

お前じゃなけりゃ良かったのにって本気で!


「どうせ私は○○だから」って本気で自分で思ったんなら限界まで謝り倒すなり、次はそうならないよう誠意を見せて努力するなりしろと!何を逆ギレしたり冷めた感じになってんねん!もっかい言うけどお前は冗談じゃなく最低に○○だと思われてるんだぞ!解ったらすこしは凹め!改善しろ!という気持ちに気づいてほしいものです。


さて話がそれましたが、昼ドラにはものすごく意地の悪い奴が絶対に1人は出てきます。
これは本当に現実的でいいです。現実にはこれくらいの悪意がそこらじゅうに散らばっているはずです。それを感じたときに主人公は大体人がいいのでその意地悪な相手のことまで考えて行動してまんまとやられてしまうのです。当然ですね。でもいい人は環境にめぐまれない限りそうなるのが普通だと思います。そんないい人めったにいませんが。
悪意に対して自分がどう対処するのかというのを具体的な設定でシュミレーションさせてくれる昼ドラをぜひお勧めします♪
バトン。つまり誰かから受け取って誰かに渡すということですね。
お題がどっからか回って来たということです。
ともよからのバトンとなればムゲに落とすわけにもいかないのでとりあえず私は走って見ます。
以下お題にそって簡単なエピソードを。

●Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

ウチはコンピューターが家族兼用なのでリビングにありますが、テレビとして利用することが多く、曲はのんびり自分の部屋で聞くのでほとんどない。20曲ぐらいかな?落とすのやりたいけどやり方知らないんですよね~誰か教えて!

●Song playing right now (今聞いている曲)

マイナーな洋楽ロックですが、「marvelous 3」の[HEY!ALBUM]というアルバムを目覚ましにして今日は起きれず二度寝しました。
アトランタのバンドでもう解散しましたが、このバンドのボーカル兼ギター兼作曲担当のブッチ・ウォーカーが今はアブリル・ラヴィーンなどのプロデュースをしたりポップミュージックの仕掛け役の一人になっているのでその前から聞いていた私としてはびっくり。センスは好きだけどそのまま消えて行くかもとか思ってたのに。

●The last CD I bought (最後に買ったCD)

これも洋楽ですが、中古屋で「ordinary boys」の1stと「stereo phonics」の新作と「reef」の[get away]を買いました。これパソコンで落とせたら買わなくてもいいんだろーなー。でもCD持ってた方が絶対ちゃんと聞くからな~。

●Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 ・HY/AM11:00
大学の別荘で一時期ずーっとかかっていた我が家の初代テーマ曲、そういう意味ではラクリマ・クリスティーの未来航路も捨てがたい。邦楽のインディーズです。

 ・REEL BIG FISH/take on me
洋楽を聴き始める時に友達が薦めてくれて最初に買ったアルバムの中の曲。アルバムの中で一番好きというわけではないが、この曲はよくテレビのバックミュージックに使われていたので、洋楽に親近感が凄く湧いてそれ以降の興味にスムーズにつながった楽しい一曲。

 ・THE LIBERTINES/can't stand me now
メロディが最高。イントロ聞くだけでしびれる。洋楽が好きな人はぜひ聞いていただきたい。カラオケとかでもあるけど音がショボくなるし2人いないと歌えない。

 ・SOLD OUT/magenta magenta
これは邦楽ですよ。これ聞いてジャパニーズヒップホップが初めてカッコイイと思った。英語が混じってるのもあるがメインボーカルの歌い方が凄く合っていてとても日本語のラップとは思えない。メロディとしてもジャパニーズヒップホップのありきたりなメロディではなくこの曲はとても好き。

 ・STRAYCATS/rock this town
リーゼント最高。ロカビリー最高。昔の古き良き時代というのを感じさせてくれる名曲。速撃ち決闘が行われるウエスタンなバーでかかっていそうな曲。なんとUSJでもかかっていた。USJは他にも結構マイナーな洋楽を流してたりする。ボーカルのブライアン・セッツァーは現在BRIAN SETZER ORCHESTRA(少しつづり違うかも)として活動していて、映画などにもよく曲を提供しているので一度試聴してみて欲しい。


以上曲に関するものばっかりでしたね。
オススメ曲はどれも違った味の曲なのでぜひ聴いて欲しいです。

さてバトンを誰に渡すかということですが、「映画委員長」様にお願いしてもよろしいでしょうか?お題を借りるのは非美的でしょうが、バトンを繋ぐのは美的ってことで。まあすぐに書かなくてもいいとも思うので。無理なら無理とコメント下さいな♪
私はとてもよく鼻歌を歌います。
鼻歌といってもメロディだけを口ずさむときもあれば、歌詞を歌ったり、頭の中だけで曲を流すときもあります。実際にウォークマンなどで曲を聞きながら口ずさむのもアリです。
私は洋楽が好きなのでたまに歌詞とかそこまで覚えていなくて適当に歌ったりします。

鼻歌を歌っているととても気分がよくなります。
すがすがしいときにはすがすがしい曲を、ゴチャゴチャした場所なんかでは暗くハードな曲なんかを流すと自分の世界にバックミュージックがついたみたいで、平凡な光景がすごく色づいて見えるような気がします。

これは密室で自分の思いついた歌いたい歌をかたっぱしから歌っていくカラオケとは全く別のものです。どちらかというとドライブをしながらその場所に合った曲をかけるような感じです。
歩くテンポをドラムのビートに合わせてみたりして曲と現実をだんだんかぶせて行きます。すると今度は現実に起こっている音が曲の一部であるような感覚になってくるのです。

私は音楽のそういうところがとても好きです。部屋の中で静かに聞いてこそ映える曲というのももちろんあるでしょうが、曲は周りの風景や状況によって色んな形に聞こえるものなのではないかと思います。
カリフォルニアの陽気なバンドの曲をウォークマンで聴いていたら、その朝は天気があまりにも良くて曲と世界が一体化したように感じられ、ずっとその曲を聴いていたくなって、せっかく早起きして行った学校の授業をそのままサボって曲を聴いたまま近くの公園でひなたぼっこして寝たこともあります。

だから私の鼻歌は、その時に流行っているものを色んなとこで聞きすぎてふと口ずさんでしまうというようなものよりも、この状況はこの曲だなあと自分で思って意図的に歌うものや、なんでこんな歌を今思い出したんだろうと自分でも思う様なものが多いです。


でも鼻歌には重大な欠点があります。

それは他人から見たら

頭のおかしな奴になることです。


鼻歌を歌って歩いているときにいきなり自転車に後ろから抜かれたりするとちょっと恥ずかしくなったりします。
でもまあそんなときはまたおっちょこちょいっぽい変なテンポの曲を頭に流すと、それはそれでいいかなあ~という気になりますね♪
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 反骨精神と時の部屋 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。