反骨精神を源に軽い冗談から重い本音まで・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
最初にまず今まで更新をサボっていてごめんなさい。いろいろ用事はあったんですが更新やろうと思えば出来たのに寝たりしてました。その間覗いてくれた人すいません。これから頑張って更新するのでどうか長い目で見てやって下さいませ。

というわけでこれで生ぬるい内容を書くわけにはいかないので、お詫びとして今日はダウナーでヘヴィなことを書きたいです!

世の中には自分に害を為すものがいっぱいありまして、それは誰かが行動を起こしたせいで自分にとって害になるということが多々あります。
そうなると「あいつが余計なことしなければ」とか「あいつムカツク」とか思ったりするわけですが、その思う度合いは様々な条件で変わると私は思います。


例えば一番解りやすいのは友達か赤の他人かです。

例えば足を踏まれたとして、他人ならちゃんと謝って欲しいもんですが、友達ならそんなこと気にしなくていいよ謝る程のことじゃないと許せたりします。
まあどちらにせよ足を踏むなんてことは誰にでもよくあるミスだと考えられますしそこまで大した害にはならないので許し易いでしょう。

ではそうではなく自分を害した行為が故意にやられたものであった場合、何が一番自分にとっての質の悪い『悪』で許せないものなのでしょうか?


そこで今回問題とする条件は

悪意でやったか・普通にやったか・好意でやったか

ということです。

パッと見るとそりゃあ悪意でやられた行為が一番ムカツクんじゃあないかと思うでしょう。しかし実際はそんなに簡単なものではありません。
例えば自分の大切な宝物があったとして、それが3人の知り合いに捨てられたとします。
彼らは各々こう言います。
「君が嫌いだから捨てた。」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・悪意
「あれが嫌いだから捨てた。」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普通
「あれを持っていると君にいいことないから捨てた。」・・・好意


①まず悪意の場合

悪意に悪意は向け易いので、非常に怒り易いですね。

怒る理論も単純で済みますしね。善悪が誰の目から見ても明らかなので、逆に言えばその行為を行った相手もそれを解っていながらやったと言えるわけです。となるともはやその相手は敵です。解り易いかたちになります。一見これが一番タチが悪い様に見えます。


②次に普通の場合

これは相手が自己中心的な人という感じですね。それが結果的に自分に害になってしまった。しかし相手に全く悪意はないんですね。最初は「なんでいけないの?怒ることじゃないでしょ」といった感じです。ほら、単純な悪意よりこっちの方がタチが悪い様に思えてきませんか?
最後には悪いことをしたと謝る人もいるでしょう。しかしそれで許したとしても相手の自己中が治ったわけではないので、またすぐ普通に平気で害を受けることになるでしょう。そういう人は他人の気持ちを深く考えることをあまり知らず

平気で生き物を殺す子供の残酷さ

に似たものを持っています。


③最後に好意の場合

これは好意と解っているだけに怒るに怒れないことが多い。

やり場の無い怒りだけが残ります。そして相手はどれだけ自分に害を与えてもずっと自分の味方なわけです。
一般に、敵だと最初から解っている敵と・味方だと思っていた敵では後者の方が自分にとって被害は大きくなるでしょう。それは味方にはやはりある程度のことを期待しているからです。それ自体は変なことではないし期待できるからこそ味方だと思えます。しかしそれが結果的に有り得ない程度にまで裏切られた場合というのは、本当に何よりも困るものです。それならば最初から期待させてくれなければ良かったのにといった具合です。

それと同様なことが起こるわけです。

好意に悪意は向けにくい

けれどもその行為はズレた好行為で、放っておけば自分にとって害になるわけです。
悪意は向け易いでしょうが、ストーカーなんかこれの典型でしょうか。相手がいいことをしていると思っているだけに相手に自分が被害をくらっていることを解らせるのがとても難しい!単純な悪意よりも数段状況が複雑になっていてどうすればいいのか解らない。とてもやっかいですね。これが実は一番タチの悪い『悪』かもしれません。


解っていて悪いことをする人、何も考えず悪いことをする人、いいことをしているつもりで悪いことをする人。どれが純粋な『悪』でタチの悪いものだと思うかは個人の価値観ということでしょうか。
環境問題でも人間関係でも笑いでも何でもいいです。何かに悪を感じたとき、

自分にとってどれが一番悪なのかを考えてみて下さい。
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 反骨精神と時の部屋 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。