反骨精神を源に軽い冗談から重い本音まで・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
だいぶ前に流行った元ネタが本か何かだが、もし地球全体が百人の村だとしたら・・・みたいなのがあったのをふと思い出した。

当時に議論したらはまってると思われただろうが、今議論したら遅れてると思われるだろうか。まあどうでもいいが。

私は内容を原作本で熟読したわけではなく、携帯にチェーンメールで一部が回って来たのを見ただけなので余り覚えていないし、もしかしたら記憶が間違っているかもしれないのだが、ちょっとネットで調べて見たからまあ大筋は外さないだろう。余裕があれば「100人村」とかで検索すればいくつかヒットするので見ていただいてもいい。軽く説明すると、


もし、現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう。その村には・・・

 57人のアジア人
 21人のヨーロッパ人
 14人の南北アメリカ人
 8人のアフリカ人がいます

 52人が女性です
 48人が男性です 

 70人が有色人種で
 30人が白人
・・・・・(以下略)

とかが、書いてある。これは限りなく原作に近い日本語訳でチェーンメールでまわりまくった。


んでさらに誰かが付け加えて



また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

 もし、あなたが今朝、目が覚めた時、病気でなく健康だなと感じることができたなら・・あなたは今いきのこることのできないであろう100万人の人たちより恵まれています。

 もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や苦悩、あるいは飢えの悲痛を一度も体験したことがないのなら・・・あなたは世界の5億人の人たちより恵まれています。

 もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことができるなら・・・あなたは世界の30億人のひとたちより恵まれています。

・・・・(以下略)

こんなのもまわってきた。さらに追加された文章もあるらしいがそれは見たことはないのでパス。


本の原作者の意図としては、明確な数字によって想像力を喚起させ自分とは違う立場の人への現実的な理解を促して、南北問題(富の一部集中の問題)へと考えをめぐらしてもらうというところだったんだろうが、もちろんそれ自体は悪いことだとは思わない。

付け加えられて流行ったメールを見れば、原作者の意図とは違うところで勝手に感動し間違ってわけの解らないことをほざいているのは一目瞭然だ。もしそれで、恵まれない人に愛の手をといった感じで何かその関連の支援活動やらを始めた人がいれば、結果オーライでそれもまた良しとも言える。でも「恵まれている」という言葉でさらに勘違いして自分はまんざらでもないと勇気づけられたおめでたい人もいるらしい。まあそんなメールぐらいで、しかも恵まれない感性を持って勘違いを重ねて勇気づけられることができたのだとしたら本当に恵まれている人かもしれない。

では、筆者がこのメールを見たときにどう思ったかと言えば「しょーもない」という一言につきる。もちろんなんらかの原作があってその人は貧困格差の問題を提起しているのだとは解ったが、そんなことよりも、貧困格差の問題など考えもせずに何かを勘違いして感動したフリをしてしたり顔でチェーンメールを回している人の存在を強烈に感じたためにそう思ったのだ。そういう意味では私の感性もそれほど恵まれているとは言えない。本当に意図を感じ取り感動し文章に呼応したとすれば、募金でもなんでも行動する手立てはいくらでもあるがそんな気は今のところさらさら無いのがその証拠だ。

また原作に近い日本語訳の前者の文章が数字のトリックを使っていることが鼻に付いたことも私の感想に影響した。地球人口を100人(原作では1000人らしい)にすることで想像を容易にするのは解るが、自分が例えば100人の中で1人だけいる裕福な人に値するカテゴリーに分類されたとしても、私の存在はその1人の中の髪の毛の一本分にも満たないかもしれない。それをあたかも百人いる場所で自分だけが裕福な1人の人間として存在するのだと錯覚させる要素があったので鼻に付いたわけだ。まあそれはそれとして現実的な配分の数字を羅列しれくれるだけなら、状況把握の意味では文句のつけようは無かったのだが、私が見た時は後者の文章がくっついていてさらに数字の持つ錯覚要素を用いて何やら一定の方向へマインドコントロールのようなことをしだしたのでばかばかしいと思ったのだ。


一見正しいような同じことを言う人が多数になっているときには、必ず勘違いや悪意や愉快犯的思想や考え無しの狂信がどこかに含まれていると思っておそらく間違いはない。言葉自体には存在していなくても、人に。少なくともそう疑ってかからないと、本当にそれが正しいかどうかを自分で考えて判断する前に流れに飲み込まれてしまう。


どうせなら後者のチェーンメールの最後の文に

こんなものを何かいいと勘違いしたりおもしろがって回すだけで結局何もしない人は100人中でずば抜けて頭がアレな1人だけです。
とでもいれといたらどうだろうか。
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 反骨精神と時の部屋 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。