反骨精神を源に軽い冗談から重い本音まで・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
―Tis the season to be jolly but
  I hate Christmas
  I'm glad it only comes one time a year―
                         (#DECK THE HALLS/zebraheadより)


さて、まあクリスマスイヴなわけですが。
うん、まあ昔はね、この日にかこつけてタダでプレゼントがもらえる嬉しい日でしたがね。
ええ、まあ好きじゃないですよ今はもちろん。でもまあ意味は解っているつもりです。
とりあえず今の日本においてクリスマスは、クライスト(キリスト)は全く関係なく、サンタとトナカイとプレゼントで構成されています。そしてそこにケーキやらチキンやらシャンパンやら家族愛やら恋愛やら恨み嫉み妬みなどがトッピングされ、日本全国を挙げてのお祭り騒ぎとなっているわけです!

お祭りは私は嫌いじゃないですよ♪楽しいイベントですからね。気の合う仲間とでも、普段は変化のなかなか無い日常を送っていたとして、クリスマスというきっかけがあることによって集まって楽しむことができたりするわけです。そういう利点は確かにあります。

しかし問題は

この祭りがほぼ全員強制参加であるということです!

普通の地方で行われる祭りであれば、気が乗らなかったり祭りが嫌いな人は家に引きこもるなりどこか違う街へでかけるなりすれば祭りを避けることができます。しかし、クリスマスだけは別です!こと日本にいる限り何日も前から全国がこの日のために準備を行い、盛り上げようとしている中でその存在を意識せずにはおれません。なのでクリスマスを無視して過ごしたとすれば、全員参加の雰囲気がただようがゆえに

参加しないではなく、参加できなかった人

の烙印を押されることになるのです。

普通の日を送っただけでは

この日を楽しめなかったのだとマイナス判定される


様なことになってしまうのです。


これはさすがにおかしいですね。そりゃ楽しむ奴は好きなように他人に迷惑かけずに楽しめばいいけど、普通に過ごすことがちょっとダメな様な「せっかくクリスマスなのに」みたいな考えが蔓延してるのがどうも解せません!
まあそこも自虐的に笑いに持っていくチャンスとできるならば問題はないのですが。

そしてまたクリスマスという祭りにはなにかこう優先順位が高い人と一緒にいるべきでプレゼントをあげる(もらう)べきといったような義務が存在します。
そしてこれも全員参加なだけに全員に義務が課されているわけです。まあ二股なんかをかけていて勝手にピンチになるのは自業自得なのでなんとも思いません。しかしクリスマスの日に一緒にいる人が一番優先順位が高い人と必然的に見なされ、1人で過ごすのは大切な人がいない人・一緒に過ごせないかわいそうな人、と勝手に思われ自分でもなんとなくそんな気になってしまうわけです。また、子供にとっては素晴らしい権利であった嬉しいプレゼントも年をとるに連れ、あげていない(もらっていない)のは良くない(残念な)こととされ、結果

楽しむために考えたはずの制度が

楽しめない人を作り出している!!


という非常に矛盾した現象が起きているわけです!!!!

楽しむためにあるクリスマスという日が理由で、他の日なら問題ないことが許せない、悲しみや怒りのもとになるなんて、ほんとに自分の意思がなく周りに流されるままに感情を出して勘違いしているただのアレです!

だから私はこういうスタンスでいます。
今日でも明日でも明後日でも一週間後でも、重要なことは楽しむことなんだ、そして楽しみは強制するもんじゃない、と。
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 反骨精神と時の部屋 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。