反骨精神を源に軽い冗談から重い本音まで・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
今日は買い物に出かけた後友達と別れて一人バイトに行きました。
その途中に駅のホームでジュースを買いました。
今日のブログはただそれだけのお話です。



私がとてもとても小さな頃、まだジュースは100円でした。

それは今よりとてもとても高かったのです。

当時は遊びに行くときにねだって貰える一日のおこづかいがちょうどその100円だったのですから。
いくらはしゃいだって、いくら汗をかいたって、いくらのどが渇いたって、そう簡単にジュースは買えません。
当たりつきのガムに、チョコに、ゼリーに、スナック、食べたいものは山ほど駄菓子屋にあります。自分で買うとすれば、余り冷えていない数十円の小さなジュースがせいいっぱいでした。

ふと横を見れば、お金持ちの子がいます。駄菓子の入ったビニールを下げながらジュースにたこ焼きまで!
でもそれはそれ。うらやましくないと言えば嘘になるけどそんな不公平なんてどこにでもある話。自分だってきっとまだ幸せな方なんだし。

でもいつか、大きくなって、もっとおこづかいが増えたなら、のどが渇いたらすぐに大きなジュースを飲もう。たこ焼きまでは贅沢だろうけど、友達の家までわざわざ行ってお茶をもらうんじゃなくて、皆で好きなジュースをその場で好きに飲もう!


そんなアホなことを考えていた子供の頃の自分を

また今日もいつものように思い出しました。

たかがジュースごときで何を大げさに今でも思い出すぐらい強く心に念じているんだか。
大人になれば数万円の買い物ぐらいできるようになるんだから、ジュースなんてその時でも頑張れば買えるもの、そのうちすぐどうにでもなりそうなことはちょっと考えれば解ることなのに。
どうせ決意するんなら、もうちょっと大きいもんを買うだとか自由に扱うだとかにすればいいのに。えらそぶっていたわりには大したこと考えてないアホなガキ。でもそんなジュースごとき自由に買えないぐらい自分が無力で無能なガキなことに気づいているガキだった。
早く自分で当たり前のことを当たり前にできる様になりたかった。


さて、
電車に乗って数十分すればバイト先で冷たい飲み物が飲めるのは解っている。
でも今のどが渇いているから。120円・・・いや、150円も出してしまおう!


子供の時の自分からいつどこで何が変わったのか、ちょっとずつ、でもいつの間にか成長してしまったので、あまり実感が湧かない。子供の頃から理屈をこねまわしていたような気もする。
だけど自分のお金でジュースが買えるようになった。

まだアホだから、凄く幸せなジュースが飲める
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する
http://fxxkintosh.blog15.fc2.com/tb.php/14-2c759b9e
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 反骨精神と時の部屋 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。