反骨精神を源に軽い冗談から重い本音まで・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
普段私は偉そうなことばっか書いてますが、知っている人は知っての通り、そこまで考えて行動している様には見えません。

それはひとえに私が適当だからです。

いろんなことがめんどくさいんですほんとに。

じゃあいつもブログで書いてることは嘘かというとそういうわけではありません。自分独りで物事を考えてるときは、なぜかものすごくシビアに物事を考えてしまうときがあるんです。

では他人といるときはどうかと。

気の合う人といるときはおもしろければOK!

もうね、友達だと思うと結構なことが許せるというか、そんな偉そうな感じでもなくて、どうでもよくなってしまうわけですよ。自分の意見がやや異端であることも解っているので、そんなものを他人にまで押し付けるわけにはいかないですからね。

これ自分ではほんとに適当だな~と思うんです。
散々あれは嫌だの何だのって思ってることがあるわけですけど、友達の意見だとかなり素直に受け止めることができる。「一理あるなあ」とすぐ思えてしまうわけです。

ということはまあ私にとっては

理屈よりも人の方が大事

ということでしょうか。
肯定ばかりではその人のことを深く考えることはできませんが、初めから否定していては余計解りません。友達相手だと、自分の意見があってそれはそれ、という風に思えてしまうんです。非常に勝手な話ですが、友達の方がちょっとぐらい悪いと思っても、他人よりは友達の味方につく性格なのです。


じゃあそこまで気の合わない人はどうか。
まあ最初から気の合わないなんて思ってるわけですから、その人の意見は自分にはあまりしっくりこないと感じてるわけですね。そうなれば、

そんな人に心をマジメに動かしてどうするんだ?

とか思うわけですね。つきつめて言えばということですが。
これは賛否両論あるでしょうが、私としてはある程度気持ちをこめて最初は話していたがそれが合わなかったということなので、それ以上頑張ると無駄な対立なんかが起こってこっちにも相手にもいいことがない、と思うわけです。
自分の意見はあるけども、それを解ろうとしない人には何言っても無駄ってこともありますし。
ならばまあそこはもう適当でいいや、とかなるんですね。
でも邪魔すんなよ、とかは思ってますけどね。


では最後に何も知らない他人はどうかと。
思うにここが一番私が今までの理論などを頭に浮かべながら対応しているところですね。自分の尺度をもって相手がどのような人なのかを見定めているわけです。その間は凄く当たり障りのない会話をしなければならないのでめんどくさいわけですが、まあそれは礼儀というのもありますし、自分もいきなり他人に嫌われたくないと思うからこそそうやってるわけなので文句を言う筋合いもないです。
・・・まあでも赤の他人なんだから二度と会わないからもうなんでもいいや!ってこともありますね。無駄にテンション高いウザい奴を装って楽しんでみたりとかね。


まあマジメに考えてやって楽しいときと、不真面目に考えてやったほうが楽しいときがあるってことですね。それをちゃんと解るにはやはり自分がどう考えているのかや、周りの物事を深く考えることが必要だとも思いますが、感性が鋭ければそれもいらないことなのかもしれません。まあマジメにするにしても適当にするにしても、

空気読め!

ってことですかね。空気読めてない人こそがおもしろかったりもしますけどね。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する
http://fxxkintosh.blog15.fc2.com/tb.php/17-f74ecc19
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 反骨精神と時の部屋 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。