反骨精神を源に軽い冗談から重い本音まで・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
バトン。つまり誰かから受け取って誰かに渡すということですね。
お題がどっからか回って来たということです。
ともよからのバトンとなればムゲに落とすわけにもいかないのでとりあえず私は走って見ます。
以下お題にそって簡単なエピソードを。

●Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

ウチはコンピューターが家族兼用なのでリビングにありますが、テレビとして利用することが多く、曲はのんびり自分の部屋で聞くのでほとんどない。20曲ぐらいかな?落とすのやりたいけどやり方知らないんですよね~誰か教えて!

●Song playing right now (今聞いている曲)

マイナーな洋楽ロックですが、「marvelous 3」の[HEY!ALBUM]というアルバムを目覚ましにして今日は起きれず二度寝しました。
アトランタのバンドでもう解散しましたが、このバンドのボーカル兼ギター兼作曲担当のブッチ・ウォーカーが今はアブリル・ラヴィーンなどのプロデュースをしたりポップミュージックの仕掛け役の一人になっているのでその前から聞いていた私としてはびっくり。センスは好きだけどそのまま消えて行くかもとか思ってたのに。

●The last CD I bought (最後に買ったCD)

これも洋楽ですが、中古屋で「ordinary boys」の1stと「stereo phonics」の新作と「reef」の[get away]を買いました。これパソコンで落とせたら買わなくてもいいんだろーなー。でもCD持ってた方が絶対ちゃんと聞くからな~。

●Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

 ・HY/AM11:00
大学の別荘で一時期ずーっとかかっていた我が家の初代テーマ曲、そういう意味ではラクリマ・クリスティーの未来航路も捨てがたい。邦楽のインディーズです。

 ・REEL BIG FISH/take on me
洋楽を聴き始める時に友達が薦めてくれて最初に買ったアルバムの中の曲。アルバムの中で一番好きというわけではないが、この曲はよくテレビのバックミュージックに使われていたので、洋楽に親近感が凄く湧いてそれ以降の興味にスムーズにつながった楽しい一曲。

 ・THE LIBERTINES/can't stand me now
メロディが最高。イントロ聞くだけでしびれる。洋楽が好きな人はぜひ聞いていただきたい。カラオケとかでもあるけど音がショボくなるし2人いないと歌えない。

 ・SOLD OUT/magenta magenta
これは邦楽ですよ。これ聞いてジャパニーズヒップホップが初めてカッコイイと思った。英語が混じってるのもあるがメインボーカルの歌い方が凄く合っていてとても日本語のラップとは思えない。メロディとしてもジャパニーズヒップホップのありきたりなメロディではなくこの曲はとても好き。

 ・STRAYCATS/rock this town
リーゼント最高。ロカビリー最高。昔の古き良き時代というのを感じさせてくれる名曲。速撃ち決闘が行われるウエスタンなバーでかかっていそうな曲。なんとUSJでもかかっていた。USJは他にも結構マイナーな洋楽を流してたりする。ボーカルのブライアン・セッツァーは現在BRIAN SETZER ORCHESTRA(少しつづり違うかも)として活動していて、映画などにもよく曲を提供しているので一度試聴してみて欲しい。


以上曲に関するものばっかりでしたね。
オススメ曲はどれも違った味の曲なのでぜひ聴いて欲しいです。

さてバトンを誰に渡すかということですが、「映画委員長」様にお願いしてもよろしいでしょうか?お題を借りるのは非美的でしょうが、バトンを繋ぐのは美的ってことで。まあすぐに書かなくてもいいとも思うので。無理なら無理とコメント下さいな♪
スポンサーサイト
領海しました。
てか気づかなくてごめんね。
明日のブログでやってみよう!
【2005/08/06 Sat】 URL // 映画委員長 #- [ 編集 ]
ん?
これ、質問このままでいいの?
【2005/08/06 Sat】 URL // 映画委員長 #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する
http://fxxkintosh.blog15.fc2.com/tb.php/21-9f62e131
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 反骨精神と時の部屋 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。