反骨精神を源に軽い冗談から重い本音まで・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
ひっそりと更新です。
もう皆閉鎖したと思ってるかな?
何度も見に来てくれても「ザ・ワールド」で時が止まっている。
9秒しか止めれないはずでは・・・
これはホントもうどう謝っても嘘ですね。

何が嘘かといいますと、何回も同じことで謝っていて、いくらしんどくても本当に申し訳ないなら頑張って更新すればいい話です。
一時間以上はかかると言っても寝たり食ったりはしてるわけだし、本気になれば外出してても漫画喫茶とかに行けば更新できるのだからとても簡単なこと。
でもまあ所詮生き死になどにはほど遠いブログだから今日はもういいだろうという考えに間違いなくなっているわけです。


だからもうここで謝るのは悪どい

開き直るのとはちょっと違います。開き直る場合は、悪いとも思っていないし自分の行動に責任をとろうとしない状態です。
例えば「お前ブログも更新できない本当に継続性のない奴だな!」といわれたとき、開き直りは「いや、あれは仕方なくて・・・」てな感じです。
私の場合はもう自分の決断でこの状態になっていると解っているわけで、つまりある程度その結果発生する事態も予想して受け入れているべきなのです。上記程度の言われようなら容易に予想できることですし、予想できていなくてそれに対して憤慨するようでは、それは想像力がもの凄く足りてないということで、上記以上の酷なことを言われるのも止む無しでしょう。
だから「ほんとにそうだね。直すべきところだと自分でも思うよ。」と素直に非を認めるのが適当だと私は思います。


ではなぜ謝ると悪どいのか。

それは謝ることは免罪符だからです。

ただ単に謝るということを純粋に考えれば「迷惑をかけて悪いと思う気持ちの表現」となりますが、そうは言ってももはや現代において謝るということはそれ以上の意味を持っています。

例えば自分が悪いという気持ちがなくても行うべき「礼儀作法」であり、「相手に許してもらおう」という意図をふんだんに含んだものであり、「謝ったのだから、自分は悪いと思っているのだから、少しは自分のやったことが許される(べきなのだ)」という免罪符となるのです。

これはもう私の中では謝るという行為について、あえて意図しないでも自然についてくるもので、おそらく私以外の人もそうなんではないかと思います。謝ったら心のどこかで「許されよう」という気持ちが生まれるということです。それがちゃんとその後相手に対して何らかの償いをすることにつながれば良いのですが。
まあどちらにしろこのブログに関しては、予期しないミスではなく自分の決断(←それがもし仕方ないと言えるものだとしても自分の決断であることに変わりはない)であるので、自分でわざとやっといて後で簡単に許されようというのがそもそも調子のいい話、つまり悪どいのです。謝るという行為にはこういった要素がついて回ると私は考えます。



逆に言えば、人は日常で「謝る」ということにおいて、本当に相手が反省しているかどうかということよりも

謝る行為そのものを相手に求めている

ことも多いのではないでしょうか。
「ああ、ごめん」だと許せなくて「本当に申し訳ないです」だと許せるのなら、それは謝る行為、その正しい形だけを欲しているのです。そんなことは少し賢くてプライドの操り方を知っていれば誰にでも簡単に出来ることです。でも本当にそれでいいですか?深く頭を下げた相手の見えない顔が舌を出しててもいいんですか?

これは

日常本気で怒ることは無い

ということともつながってきます。それについてはまた後日詳しく書きたいと思いますが、何か本気で怒っていないからこそ「すいません」の一言で「まあ謝ってるし、人間誰にでもミスはあるから・・・」とかなんとかで許せるわけです。

そして人間誰でもできることであれば自分のミスを、そういった風に謝りと引き換えに簡単に許して欲しい。その「欲」が人を謝る行為へと導く一つの理由となるのは間違いのないことだと思います。

問題は自分の中のその許して欲しいという欲に気づいているかどうか。
自分が謝るということにはそういう欲が少なくとも混ざってしまうものだと解っているかどうか。
解っていれば、その欲だけでなく本当に悪いと思う気持ちがあるということを、謝るだけでなくその後の自分の姿勢を正すなどによって示すはずです。
解っていなければ、ただ謝っただけで自分でも知らず知らずのうちに何となくちょっとは悪くなくなった気になっているんではないでしょうか?

もしあなたがそうでないと言うなら、謝るということについて形式的なことでなく、本当の意味での心からの反省と謝罪を求めているというのであれば、

本当に反省しているからこそ

私は敢えて言葉で謝る必要はないわけです


ニヤリ
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する
http://fxxkintosh.blog15.fc2.com/tb.php/25-4e47c224
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 反骨精神と時の部屋 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。